初心者がWebサイト入門に必要な知識 その5

【ステップ5】HTML、CSS、JavaScriptの基礎

HTMLとは、Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略です。HTMLはマークアップ言語とよばれるもので、WebページならびにWebサイトの骨組みを作る言語として欠かせません。

HTMLはタグとよばれる印をつけて、コンピュータへ指示を行います。例えば文字の大きさを変えたり、画像や動画などを挿入する時に使用します。

下記動画を見てみてね。

CSSとは、Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略で、スタイルシート言語と言われています。CSSを実際に記述するのもスタイルシートとよばれるファイルです。CCSはHTMLで作った骨組みに高度なデザイン性を追加します。

具体的には背景や文字の色・サイズなど様々です。そんなのHTMLでもできるじゃん! と思いますよね。確かにHTMLでもできますが、HTMLは本来ページの構造(骨組み)をつくる役割の言語です。HTMLでデザインまで行うと、使用するタグの量が多くなったり長くなったりします。

そうなるとコンピュータに理解されにくい状態になると同時に、変更があった場合に修正に手間がかかったりとよくありません。またHTMLはブラウザによって表示が変わる場合があり、自分がみているブラウザ以外ではデザインが崩れてしまう危険性があります。

そのためCSSを利用しどのブラウザでも同じように表示されるようにすると同時に管理と運用もしやすくなります。またCSSはHTMLよりもはるかにデザイン性に優れているので、見栄えがいいデザインにするにはCSSが欠かせません。

avaScriptとは、主にWebサイトやWebアプリ、Webサービスなどを開発する時によく利用されている言語です。JavaScriptは実はあらゆるところで利用されていて、あなたが普段みているWebサイトのほとんどでも利用されています。

JavaScriptの最大の特徴は、ブラウザにJavaScriptが利用できる環境が標準で備わっていることです。手軽に開発と利用ができるので、多くのWebサイトやWebアプリ、Webサービスなどで利用されています。

JavaScriptはよくトップ画面の上部でみられる画像が流れていくスライダーや問い合わせフォームなど、何かしらのアクションが起こる機能で使われています。

WEB制作に必要な知識についての過去記事も見て下さい。

【まとめ】

Web制作のスキルを身に着けるためには、様々なことを学ぶ必要があります。最初から無理せずに、少しずつ確実に学んでいきましょう。

またWeb制作で重要なのはアウトプットです。実際に手を動かしながら学ぶことで、効率的かつWebサイトを作れたという自信がつきます。

Web制作の学習をするときは、常にアウトプットを意識しながら勉強に取り組んでくださいね。

私のポートフォリオ↓


https://www.terayamaya.com/

今回はこの辺でさようなら。

最新情報をチェックしよう!
>本当の自由を求めて「WEBサバイバー terayamaya」

本当の自由を求めて「WEBサバイバー terayamaya」

本当の自由とはなんだ?答えを求めてサバイブし続ける!お金より大事な事は沢山あるけどお金じゃないと解決できない事もある。

CTR IMG